So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

やったぜ有馬&年末のご挨拶 [有馬記念 2015]

~完全的中~


有馬記念では会心のできでした。
これでいい年越しができそうです。

ブログを始めてから約2か月見ていただいている方も
段々と増えてきてとてもうれしいです。

「何的ハズレなこと言ってんだ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
温かい目で見てください。

来年も頑張って更新していけたらなと思っています。
フェブラリーSでは更新しようと思っていますが
それまでに何回記事を書くかは不明です。

ということで本年はありがとうございました。 良い年越しを!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

有馬記念(結論編) [有馬記念 2015]

今年の有馬記念はこれで勝負します。

◎ ゴールドアクター
〇 サウンズオブア-ス
▲ ゴールドシップ
△ リアファル
△ キタサンブラック

人気どころのラブリーデイは父がキングマンボ系で
有馬記念には合っていますが
臨戦過程が悪すぎる点と前走のJCで最後伸びきれなかった点
を考慮して切りました。

泣いても笑ってもこれが今年最後のG1レース(JRAの)
当たることを祈って楽しみに待ちます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

有馬記念(分析編2) [有馬記念 2015]

前回、有馬記念とはスーパースターのためのレースであり
今回の主役でスーパースターゴールドシップだと書きました。
しかし、ゴールドシップは走るかどうかわからないので
本命にするにはなかなか怖いので無理ということを書いて終わりました。


今回の有馬記念では3、4歳馬が粒ぞろいなので台頭するのではないかと考えています。

例えるならマンハッタンカフェ
テイエムオペラオーメイショウドトウに勝った時のような感じです。
さすがにアメリカンボスはいないでしょうけどねw

マンハッタンカフェと同じで菊花賞を勝ってからの
参戦のキタサンブラックから見ていきましょう。

キタサンブラック
ブラックタイドは言わずと知れたディープインパクトの全兄ですが
ディープよりもパワー型で急坂の有る中山では京都の菊花賞の時よりも
パフォーマンスを上げる可能性は大いにあると思います。

母父サクラバクシンオーは意外と距離が持つよって以前どっかで書いたと思います。
どこで書いたかは覚えていませんが

もし勝ったら北島三郎さんがキタサン祭りを歌って下さるみたいなのでそちらも楽しみですw


ゴールドアクター
スクリーンヒーローはモデルパスポート~ダイナアクトレスと続く良血牝系で
その長所であるスピードを産駒にも伝えるとともに
曾祖父のノーザンテーストの影響が色濃く出ていて粘り強さ(底力)もよく伝えます。

アルゼンチン共和国杯ではまさにこれで
ずっと外を走りながらも最後に差し切る強い競馬をしていました。

サウンズオブア-ス
芝中距離の小回りコースで無類の強さを誇るネオユニバース産駒です。
前走のJCでは5着に沈みましたがスタートで他馬にぶつけられてかかる。
道中はずっと外を走る。
こんな感じだったのに最後はちゃんと伸びていました。

中山に変わることはプラスで臨戦過程も素晴らしく
消耗具合も他馬より悪いということはないでしょう。

さらに母父がディキシーランドバンド
スタミナとスプリント力を併せ持つ血統です。


リアファル
ゼンノロブロイ産駒はネオユニバース産駒に勝るとも劣らない中距離小回りの鬼で
ゼンノロブロイ自身も有馬記念を圧勝しています。

母父エルコンドルパサーは私が個人的に大好きな血統で
競走馬に必要な能力の全てを1段階レベルアップさせるイメージです。


以上の若い馬の中から本命馬は決めたいと思います。

次回は印です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

有馬記念(分析編1) [有馬記念 2015]

有馬だ~ついに有馬がやって来る
今年最後のG1レース(JRAの)当てていい年越しをしたいものです。

去年は外しちゃいました。本命をトゥザワールドにしたのにです。
まさかジェンティルドンナが勝つとは想定外
いや、私も長嶋茂雄さんが見に来ていてジェンティルドンナと同じ誕生日
だと聞いたときヤバイかなとは思ったんですけど

感よりも消しの要素を重視した訳ですよ

消した理由
父がディープインパクト
得意なJCでもダメだったのにそれ以上の成績が出る訳が無い
そもそも加齢で能力が低下したんじゃないか

このようなことをスーパースターの力ではね返しました。

有馬記念とはこういうレースです。

勝っていたスーパースターが新世代に負けるか
引退まえの勝てなくなったスーパースター が有終の美を飾る

今回の主役、スーパースターゴールドシップでしょう。
この馬の取捨選択がこのレースの鍵ですがその前にいつものように
どんなコースでやるのか説明を

有馬記念は中山競馬場の芝2500m(内回り)で開催されます。

スタート位置は外回りの第3コーナーでそこから役192mの直線を走ると
第4コーナーに到着します。
そこを通過するとホームストレッチの直線になります。
この直線には高低差2.2m、最大勾配2.24%の日本一キツイ坂が待ち抱えています。
この坂でペースが落ち1~2コーナーで馬郡が膨らむことが多いです。
ここでのロスが少なく走れるこた馬がよく好走しています。

そしてバックストレッチに入りますが4コーナーで大きく振られることを嫌う
後続勢がマクリ気味に一気に差を詰めようとするためペースが上がります。

その後3~4コーナーを抜けまたあの坂を超えたところにゴールが有ります。
最終直線は短いので後方一気的なことはまれで大体は3~4コーナーで前に
位置していた馬が勝ってます。

有名ですが小回りと急坂これが中山の特徴です。

私が今回狙おうと思う馬の特徴ですが
・6回もコーナーを回るので距離ロスが少なく走れる内枠、先行勢

・パワー>キレ

・持続力

ゴールドシップは15番枠なので内枠じゃないのでダメですね

というのは冗談でこの馬に関しては枠は気にしません

去年も14番で3着ですし、一昨年も14番で3着
その前の年は13番で1着なので問答無用で買い目には入れましょう。
勝つか負けるかはゴールドシップさんの気分次第です。

しかし、ゴールドシップさんには本命は打てない
負ける可能性も大いに含んでいますからね

ということで本命については次回
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

朝日杯FS<結論編> [朝日杯FS]

私は朝日杯フューチュリティーステークスの印をこう打ちました。

◎ エアスピネル
〇 イモータル
▲ ボールライトニング
△ リオンディーズ
△ ハレルヤボーイ

前回も書いたようにエアスピネル
が馬券内に入るのは堅いと思ういます。
人気も有るので印は少なめに打ちました。

前回触れなかったですがハレルヤボーイ にも印を打つことにしました。

ハレルヤボーイ

エアスピネル以外は混戦になると思っているので
在来牝系のこの馬の長所であるタフさが活きるのではないかと思います
父トーセンファントムは2歳重賞で活躍したので早熟性にも期待しています。

こんな感じでやります。あたりますかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

朝日杯FS<分析編> [朝日杯FS]

今回から朝日杯フューチュリティーステークス変です。

朝日杯FSは2歳チャンピオンを決めるG1レースです。
開催場所は先週の阪神JFと同じ阪神競馬場芝1600mです。

中山じゃないですよ。去年から阪神です。

以前まで阪神で開催されていたラジオNIKKEI杯2歳SをホープフルSと改名して
皐月賞と同じ中山2000mにして、その代わりに朝日杯を阪神に変えたらしいですよ
トリッキーなコースで枠の影響が大きい中山のマイルで2歳チャンピオンを決めることに
批判もあったらしくそれを解消するという意図もあるみたいですが

ということでコース形状は阪神JFと同じなので書きません。

人気馬や気になった馬について書いていきます。

エアスピネル

エアメサイアの最後にして最高の傑作です。
血統もキンカメxサンデーで全く問題ないですし、
騎乗も世界のユタカ・タケ

前走デイリー杯2歳Sでは外枠、出遅れ、外をぶん回しで2着以下をぶっちぎり
この馬から入ればまず当たるでしょうww


リオンディーズ

まだレース歴が1戦なのに2番人気ですか
前走と血統を見れば人気になるのもうなずけます。

母がシーザリオということはエピファネイアの弟
買いたくなりますなぁ~

でも私はマイルではどうかなと思います。
血統的に重すぎる気がします。

キンカメxスペシャルウィークxサドラーですから
もうちょっと長いほうが良いと思います。
強かった前走も2000mですしね

マイルのスピードに対応できるかが鍵ですかね


ボールライトニング

阪神JFの時にも言いましたが今年のダイワメジャー産駒は今までのとは違います。
現に勝ったのはダイワメジャー産駒でしたので説得力があったでしょw

この馬もダイワメジャー産駒です。

ただでさえ早熟傾向が強いダイワメジャー産駒なのに
姉に小倉2歳Sの勝ち馬デグラーティアがいるように
母系も早熟な傾向が有るようです。

今後どうなるかはわかりませんが今回は完成度の高さでいい勝負しそうです。


イモータル

前走のサウジアラビアRCでは惜しくも2着でしたが
最後の末脚は他馬とは別格でした

東京であれだけ前との差を詰められるのならパワーが必要な
今の阪神の芝でならマンハッタンカフェの血が活きて届く可能性もあると思います。


色々見てきましたがエアスピネルが馬券内に入らない可能性は低いと思うので
この馬を軸にして印を打ちたいと思います。
めちゃくちゃ人気してるのでどれだけ少数で当てられるかが重要な点だと思います。

朝日杯の予想を書いていますが心は既に有馬に向かっていますw

次回に続く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

阪神ジュベナイルフィリーズ(分析編2&結論編) [阪神ジュベナイルF]

前回、ディープインパクト産駒について散々書いたのに
本命馬はディープインパクト産駒じゃなよってことを書きました
今回は、本命馬と触れていない中で良いなと思った馬について書きます。

唐突ですが、皆さんにも個人的に好きな馬がいると思います。

私の中の好きな馬ランキングトップ3に入る馬に
テイエムオペラオーがいてその父がオペラハウスです。

オペラオーが好きな理由はいくつかありますが
そのうちの一つにオペラハウス産駒だからというのがあります。

肌馬の質がオペラオーがどんなにG1を勝とうとも上がらない。
メイショウサムソンが2冠馬になろうとも上がらない。

不遇の馬オペラハウス
だから好きなのですが

そして今回メイショウサムソン産駒がいるじゃないですか
もうこれは本命にしないとダメでしょう。

ということで本命馬はデンコウアンジュです。

いや、もちろんメイショウサムソン産駒だと常に本命にする訳ではありませんよ

強そうな馬の中でどれにしようか迷ったときの最後の決め手です。

アルテミスSでは上がりが33.3と素晴らしかったですし
距離も前走1600mを使っています。

阪神JFでは前走1500m以下の距離を使った馬は成績が悪いく
過去のデータを見ると一度も勝ってないどころか掲示板にもほとんど載ってない

そして血統的にも牝系が古い日本の牝系でタフさもあり
今の阪神の芝にも合うと予想します。

オペラハウスつながりでメジャーエンブレム

この馬は母父がオペラハウスです。

デンコウアンジュと同じく前走アルテミスSで1600を使っています。

血統的には父がダイワメジャーで早熟性は文句なしです。
今までの阪神JFではダイワメジャー産駒は消しが定説のようです。
過去のデータを見ても一度も三着以内にきてません。

しかし、今年のダイワメジャー産駒は今までとは違います。
今年の馬はダイワメジャー産駒が好成績だった翌年につけた馬なので
牝馬の質が向上しています。(オペラハウスとはちがうところですね)

最後にペプチドサプル

この馬もアルテミスS組です。
上りタイムがデンコウアンジュに迫る33.6で2番目のタイムでしたし
キャリアがまだ2戦なので一気にパフォーマンスを上げる可能性があると思います。

血統的には父が欧州色が強めのマンハッタンカフェ
さらに母方も欧州血統でパワーに溢れる血統です。
今の阪神の馬場はパワーが必要らしいので良いと思います。


私の最終結論は

◎ デンコウアンジュ
〇 ブランボヌール
▲ メジャーエンブレム
△ ペプチドサプル
△ キャンディバローズ
△ メジェルダ


ステイゴールド産駒にも気になる馬がいますが
あまり多く印を打つのは好きではないのでこれで行きます。

今回は半分近くオペラハウス関連になってしましました
好きな馬について書くと長くなってしまうんですよね~

次回に続く

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

阪神ジュベナイルフィリーズ(分析編1) [阪神ジュベナイルF]

前回、2~3歳春までの若い馬の場合適正云々よりも
仕上がりの早さつまり早熟性を重視すると書きました。

しかし、何故か仕上がるまでに時間がかかるディープインパクト産駒に
このレースでは重い印を打つとも書きました。

相反しているように見えますが今回はこの理由から書いていきたいと思います。今年の阪神JFには3頭のディープインパクト産駒が出馬します。
ブランボヌールキャンディバローズメジェルダです。

ブランボヌールキャンディバローズは既に重賞に勝っています。
私はこれがとても重要だと思っています。

仕上がりが遅いのにもかかわらず重賞に勝てるということは
元々の能力が他馬とは違うと言えると思います。


現に2歳重賞に勝ったディープインパクト産駒は全て後にG1馬になっています。
阪神JFと朝日杯FSはこのレース自体がG1なので当たり前ですが、
他のレースに勝った馬もG1馬になっているので説得力が有るのではないでしょうか
因みにその馬はハープスターとディープブリランテです。

なのでブランボヌールが函館2歳Sに勝ったとき来年のクラシックは
この馬が中心かなと思いましたが,なんとキャンディバローズも重賞勝ち
してしまうという今までにない展開で困っていますww

そして、来年主役となるようなディープインパクト産駒はこのレースでも
好走する可能性が極めて高く買い目には入れるべきでしょう。

各馬の評価ですが

ブランボヌール

母父がサクラバクシンオーで距離を不安視する声もあるようですが
私は全然余裕でいけると思います。
母父サクラバクシンオーが短距離しか無理なら
キタサンブラックは菊花賞を勝てなかったでしょうしね
まあ、私はこの理由で買えなかったのですが

キャンディバローズ

この馬も距離の問題があるみたいですね
兄妹がスプリンターなのが理由のようですが
私の見解としては父がアドマイヤムーンなので
スプリンターになったのだと推測します。

父がディープインパクトのこの馬はマイルくらいはこなせると思います。

重賞には勝っていませんがメジェルダ

配合的にはこの馬がディープインパクト産駒の中では阪神1600に合っていると思います。
父ディープインパクトx母父フレンチデピュティはとても相性がいいらしく
代表産駒としてはショウナンパンドラやウリウリがいます。

今まで散々ディープインパクト産駒について書いてきましたが

実は本命馬はこれらではないのですww

いや、最初はこの中から本命を選ぶ予定でしたが
いろいろ調べている内に個人的に思い入れの強い馬が出てきまして
能力も高そうですしそっちを本命にしようと思います。

疲れたので次回に続く
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

阪神ジュベナイルフィリーズ(特徴編) [阪神ジュベナイルF]

今回から阪神ジュベナイルフィリーズ(以下阪神JF)について書いていきます。

阪神JFは2歳牝馬戦線のクライマックスとなるレースです。
阪神競馬場の芝1600mでの開催となります。外回りのコースを使用します。

いつものようにコース形態の説明からします。

スタート位置はバックストレッチ側です。
レースが始まると444mの長い直線があります。

その後、3,4コーナーに入ります。
コーナーは長く緩やかな曲線でやや下りになってます。

コーナーを抜けるとまた直線に入ります。
この直線も長く473mあります。
そしてこの直線には残り200m位から120m位までに高低差1.8mの急坂があり
先行馬の脚が止まりやすくよく差しが決まります。

まとめると長い直線に長く緩やかなカーブまた長い直線最後に急坂

このコースの適正が高そうな私の狙いたい馬ですが
とにかく瞬発力のある差し追い込み馬です。

いつもなら上の条件に合いそうな馬を選んでいますが
今回はあまりそれを重視しません。

理由としては、2~3歳春までの若い馬の場合
適正よりも仕上がりの速さの方が重要だと思っているからです。


もちろん、適正もあって仕上がりも早い馬がいればそれがベストですが、
そんな馬めったにいないんですよね

とか言ってたら今回すごそうなのがいるじゃないですか
その馬とは、みんな大好きディープインパクト産駒の馬です。

仕上がりの早さ重視のくせに仕上がるまでに時間がかかることで有名な
ディープインパクト産駒を選ぶなんておかしいじゃないかと言われそうですが


その理由を書こうと思ったけど疲れたから次回に続く

あ、そう言えばドゥラメンテが中山記念(2月28日)で復帰らしいですな
骨折する前のような異次元の走りが出来るんでしょうかね
今から楽しみですな~

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

チャンピオンズカップ(大反省編) [チャンピオンズカップ]

いや~めちゃめちゃ外れましたね~
こんなにも外れるのかというくらい外れましたww

まさかの前半ハイペース、去年より前半は2秒も速かったらしいですね。
ガンピットがあんなにも序盤からいくとは想定していませんでした。

コーリンベリーの陣営がハナを主張しないと言ってたので
楽にコパノリッキーがハナに立ち
中京のコース形態と相まって
前半はスローペースになり
前々で決まるパターンを予定していたのですが、

実際はその逆で後ろから来た馬3頭で決まりました。

ノンコノユメサウンドトゥルーは可能性は少しはあるかなと思っていましたが
まさか6歳牝馬のサンビスタが勝つとは全く競馬とはわからないものですなww

今思えば、去年だって15番人気で4着になっているので適正は有ったんでしょうねww
気づかなかったけどww

終わったことはどうしようもないので
こんな展開もあるのだというデータを得られたので良しとしましょう。

来週は阪神ジュベナイルフィリーズです。

去年はレッツゴードンキを本命にしてました。
ショウナンアデラは無印だったのでココロノアイとのワイドだけ当たり
払ったものが返ってくるという感じでした。

次は当てたいです。終わり
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。