So-net無料ブログ作成

マイルチャンピオンシップ(人気馬分析編) [マイルチャンピオンシップ 2015]

今回は、人気どころ(netkeiba.comさんの予想で1~8番人気)
を一刀両断していきますYo

前回書き忘れてましたが血統面では
母父が欧州血統であることを重視します。
近年よく馬券に絡んでますからね

まずは、アルビアーノから
スワンSを勝った3歳牝馬ですね。

能力は高いと思うし斤量も54と軽いのは魅力的

だが、血統的に北米色が強すぎる点が気になります。

イスラボニータ
皐月賞1着、天皇賞秋3着2回と中距離での実績は十分

父フジキセキはサダムパテックが勝っているので合っていると思うし
母父コジーンはフォルティノ系で欧州血統

レースぶりを見るに前に立っても最後に差されているので
距離短縮は良いと思います。

サトノアラジン
ラキシスの全弟ですね。
このことから考えるに適正距離はマイル以上

私はこのレース、マイル以上に適正がある馬が勝つと
思っているのでこれは良いですね。

問題は母方が北米血統よりなことです。

ダノンシャーク
去年勝っているのだから、適正が有るとか無いとか言う必要もないですね。
問題は加齢による衰えだけでしょうか。

トーセンスターダム
私が宝塚記念で本命にして玉砕した馬ですww
まあ、そんなことはどうでもいいんで本題にもどります。

ディープインパクト産駒がが去年の1・2着馬、一昨年の1着馬
なので言うまでもなく父ディープは合ってます。

気になる点はこの馬も母方が北米よりなことです。
距離短縮はプラスにとってます。

フィエロ
血統だけ見たらもうこれしかないって感じの馬です。
父ディープは言わずもがな。

母は世界屈指のマイラー、ロックオブジブラルタルの全妹

去年あれだけのレースをしておきながら未だに重賞未勝利
なことが気になる。詰めが甘いというか勝負弱いというか

モーリス
安田記念の勝ち馬ですね
牝系は完全にメジロ牝系です。
父スクリーンヒーローは祖母の父である
ノーザンテーストの血が強く出ていて
全てにおいて平均以上で安定感が抜群

母父はサドラーズウェルズ系で欧州血統
安田よりマイルCS向きだろって思います。

毎日王冠を回避したことが気になる点ですね

ヴァンセンヌ
私との相性が最悪の馬です。
京王杯、安田記念と切るとくるのに、毎日王冠、天皇賞秋と買うとこない
競馬あるあるですね~

父ディープはもういいですね

母はスプリンターズSを勝ったフラワーパーク
母父は記念すべき第1回マイルCSの勝ち馬ニホンピロウイナー

京王杯ではトップスピード勝負にも対応できてたし
安田記念では持続力を持ってることを示していたので
相手が強くて距離も2000の天皇賞秋は無理にしても
毎日王冠ではいい勝負してもいいと思っていたけど惨敗

ただ単に距離の問題なのかそれとも調子が悪いのか
これが悩みどころ



人気になるであろう馬を見てきましたが
「完璧!これだ!」と思う馬がいないので未だに悩んでいます。

今回も独断と偏見によりお送りしました。
次回は今回触れなかった馬でいいなと思った馬を見ていきます。
お楽しみに!







スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。